アンチコメントする人。原因と対処法

スポンサーリンク

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

暮らしと人生の質を高めるヒントを発信中

結艸庵ゆいそうあん(@yuisoan2020)と申します。

PVアクセスランキング にほんブログ村

最近のニュースを見ていると、やはり因果応報はあるのだろうなと感じさせるニュースを拝見します。

不倫やいじめ、パワハラ・モラハラ他、様々な悪事がありますが、振り返れば、2017年あたりから、少しずつ、因果応報でしょと思えるニュースが流れてきています。

スポンサーリンク

アンチコメントは流す

アンチコメントを受けた経験はありますか?

昨今、SNSを使って、自分の活動・容姿や考え方まで手軽に発信でき、多くの方と交流ができる楽しさは増えた一方、アンチコメントによって気分を害する人は、芸能人だけではなく、一般の方も含まれています。

私は、まだまだ注目されるほどの人間ではありませんので、幸い多くのアンチコメントを受けた経験はない一方、SNSを通して、不快な投稿を拝見することもあり、その際、不快な感情を抱きますが、そレらのネガティブな感情の多くは、自分の心の内にとどめて流してしまいます。 

なぜなら、不快な投稿を見て不快な気持ちになっただけで、お金を取られたり、身体を傷つけられたりといった実害を被っていないからです。 

流れてくるSNSの投稿の一部が不快だった場合は、あえて『あなたは不快です』といった内容をコメントする必要はないと思っています。

しかし、その不快な投稿が私自身を侮辱や名誉棄損のような投稿であれば、それはあなたに対しての”アンチ”の投稿なので対処が必要だと思います。

アンチコメントの原因は、劣等感や嫉妬や妬みから

アンチコメントを残す人や、嫌がらせする人は、劣等感や嫉妬や妬みから生まれるもの。

アンチコメントを残す人も、現場でイジメやパワハラ・モラハラする人も、結局は自分の心が満たされていないから。

もしかすると、アンチコメントを受けた人は、コメントした人が欲しかった”何か”を持っているから羨ましくて妬んだのかもしれません。

『思い通りの人生、充実した人生を歩んでいる人は、相手を悪く言ったりしない』

こんな言葉を聞いたことある人もいると思います。

私は、この言葉は真理だと思います。

どこか自分の人生に満足していないところがあるから、不満やストレスが溜まって、自分にとって気に食わないことや人がいると、劣等感を感じたり、嫉妬や妬みの感情が生まれ、相手に八つ当たりしてしまうのでしょう。

嫉妬心を表に出すことは、私の心の貧しさを見てください!ということ

アンチコメントをする人は、自ら『私の心の貧しさを見てくださいませんか』と、周囲の人の肩を叩きながら歩き回っているような人です。 

そうです、周囲の人は見てる人は見ているので、アンチなコメントを表に見える形でしてしまうと、自分の品格の低さを自ら周囲に知らせているようなものなのです。 

しかし、アンチコメントをする当の本人は『私の心の貧しさを見てくださいませんか』と歩き回っていることに対し、周囲からどういう目で見られているのか、視ることはできない、メタ認知能力に欠けているのです。

アンチコメントへの対処法

アンチコメントへの考え方

もしアンチコメントをされた場合は、イラっとすると思いますが、『この人は、自ら己の愚かさを周囲に知らせているな…』と思ってあげましょう。

イラっとしたり、悲しい思いをされるかと思いますが、自分の時間を怒りや悲しみに費やすのではなく、自分が楽しくなる・幸せになる方に時間を使い、

私は、因果応報はあると信じていますので、人に対して失礼な言葉を吐く人は、いずれ自分の元へ返っていくと信じています。

実質的な対応

アンチコメントは、削除できるならば削除してしまいましょう。 

Twitterは相手のコメントを削除することができないのですが、削除できない場合は、削除依頼をしてみてもいいですが、相手をよく見てからの方がいいです。

削除依頼のために連絡したが為に、後日更なる嫌がらせに合うこともあるので、相手をよく見てから削除依頼をした方がよいと思います。

削除依頼をしない場合は、残念ながら、残しておくしか方法はありません…。

アンチコメントした方が『私の心の貧しさを見てくださいませんか』と発信していることを、多くの人の目に晒しておきましょう。

消さない・無視する・鋼のメンタルを持つ

アンチコメントの内容がエスカレートしてくる場合は、消さずに証拠として残しておくのも手だと思います。そして、いつかの何かのためにコメントを写メに残したり、印刷して証拠を揃えておきましょう。

そして、どれだけアンチコメントが来ても、目は通しても、アクションは起こさず無視・無視・無視! 

アンチコメントが届く度に、今度はどんなことが書かれているのか楽しみになるくらい鋼のメンタルを持ち、アンチコメントが来なくなったら『つまんないのー(´・ω・`)』とさみしがるくらいの変態マインドで過ごしましょう。

アンチコメントを真剣に受け止める必要はございません。

あくまで大事なのはあなたの自分軸。

自分軸を大事に・鋼の変態マインドで無視してOKです。     

相手を傷つける言動をする人は自分と向き合えていない

同じ日本の中でも、様々な考え方を持った方がおられるのは確かです。感じ方も人それぞれです。

アンチコメントをしている人からすれば、悪気なく純粋な気持ちでコメントしたのかもしれません。

しかし、コメントした人も、相手に対し『この言葉は、周囲から見たら失礼にあたらないだろうか』と一旦立ち止まって考えることや、自分が同じようなコメントをされたらどう思うだろうかと想像する力が欠如しているから、アンチコメントと”誤解”させるのです。

想像力の欠如により、相手を傷つける言動が起こるのは、自分と向き合っていない証。

何も悪いことしていない人を直接叩くような言動をする人は、どれだけ自分が偉いのか、一度自分と向き合って考えてみてくださるといいですね…。

今アンチコメントに悩んでいる方は、悩む必要なし!怒る必要もなし!

アンチコメントを残す人に振り回される人生を生きてはなりません。

どんどん自分が楽しいと思えることを実践して、リア充を堪能してくださいね!

スポンサーリンク