直感で行動することの大切さ

スポンサーリンク

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

暮らしと人生の質を高めるヒントを発信中

結艸庵ゆいそうあん(@yuisoan2020)です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

皆さんは、達成したい目標がある場合、細かく計画を立てて慎重に物事を進めていく方ですか?

それとも、計画を立てるより、自分の直感や感覚を信じて、物事を進めていく方ですか?

本日は、直感で行動することの大切さについて、お伝えいたします。

スポンサーリンク

直感や感覚で動くことのメリット

夢や目標を達成するために、細かく計画を立てることも重要ですが、私はどちらかというと、直感や感覚で動くことを大切にしています。


その理由として、直感ではなくあれこれ悩み・下準備をしてから始めると、下記のようなことが発生し、行動に移すことを躊躇してしまうことが多いと感じるからです。 

  • 熱が冷めてしまう 
  • 時期(タイミング)が悪くなってしまう
  • 新たな課題や問題が上がってきてしまう

一方、直感や感覚で動いたほうが、下記のようなことが発生し、夢の実現や目標達成へのスピードが速くなるように感じます。

  • 行動に移すスピードが早くなる
  • 一歩目を踏み出してしまうことでエンジンがかかり、次のアクションへの行動もすぐに移せる
  • 動き出してしまったから、引くに引けない状態を作ることができる
  • 直感で動き出した方がタイミングがよかったり、うまく進んだりする

現在プロの人も、昔は「初心者」だった

『達成できるか分からない』、『自信がない』、『できない』といった不安は、何度でも湧いて出てくるもの。むやみにこれらの不安を捨てるよう意識を集中するのではなく、以下の言葉に意識を集中するようにしましょう。

夢を叶えるために
覚えていてほしい言葉

  • 現在プロとしてご活躍の方も、「初心者」の道を通ってきている
  • 現在プロの方も、自信がない・不安という気持ちを感じて過ごしてきた日々があった
  • 100%確実に成功するか否かは、あなたにも誰にも分からない 
  • 不安になったり、自信がないと感じるのは自然なこと

『結果』というのは、やってみなければどうなるか分からないもの。

ましてや、初めてやることであれば自信がないのは当たり前で、現在プロとしてご活躍されている方も、日々「自信がない」、「将来が不安だ」という不安と戦いながら過ごしてきたと思います。

そんな気持ちを抱えながらも、現在プロになった方は、以下の気持ちを持ち続けたからこそ、夢の実現や、目標達成に至ったのだと私は思います。

夢の実現のために必要な+αのエネルギー

  • あきらめない力
  • 継続力
  • 試行錯誤
  • 失敗を繰り返す

もちろん、「私は必ず成功する!」「やればできる!」と100%自分を信じて成功なさった方もいらっしゃると思いますし、その気持ちが原動力にもなっていたことでしょう。

ここで言いたいことは、不安になったり、自信がないと思ってしまうことは、自然なこと。

そして、不安だから、自信がないからと言った理由で、行動を移さないでいることが一番の失敗だと私は言いたいのです。

自信がなくても、まずは行動に移して、その過程で計画や戦略・戦術の微調整や改善をしながら自分に合ったペースで自分に合った方法で行動に移せるようにすればよいかと思います。

まず1歩目を踏み出そう!

人生を変えるために、「やりたいことリスト」に書き出すことも重要です。

ノートに書くことで頭にインプットできますし、どの目標をどの順番で、どの方法で進んでいけばいいのか「見える化」できるので、行動に移しやすくなります。

しかし、ノートに書くだけでは、望むような人生や状況を手に入れることができません。

行動することが重要です。

なかなか行動に移せない人は、自転車を思い出して

目標達成のための行動を移せない場合、自転車をイメージしてください。

行動に移せない時のあなたは、「自転車にまたがったまま漕いでいない状態である」ということと一緒なのです。

自転車にまたがっただけでは、目的地にはたどり着けません。

目的地へたどり着くには、自分の足でペダルを1回1回漕がなければいけないのです。

親や兄弟、友達が自分の代わりにペダルを漕いではくれないのです。

ペダルを漕がなければ、あなたを追い抜いていく人がいます

何度でも言いますが、もし、あなたが目標達成のための行動を起こすことができない場合は、それは、あなたは自転車にまたがったままということ。

そして、あなたが自転車にまたがったままでいる時に、後ろからものすごいスピード或いはのろのろ運転でも、他の人が自転車に乗って、あなたの横を通りすぎていきます。

あなたは、自分の横を通りすぎてゆく人達を横目でみながら、自転車にまたがったまま、自信がないから、お金がないから、時間がないから、足が痛いからと理由をつけて、自らの意志で自転車にまたがったままそこに立ち止まっているのに、横を通り過ぎていく他の人たちに焦りを覚えたり、自己嫌悪になったりすることでしょう。

自己嫌悪を感じるくらいなら、とにかくペダルを踏み込みましょう!

ペダルを踏みこめば、エンジンがかかってきます。

走り出せば、不安や恐れ、自分はできないといった自己嫌悪といった感情は消えていきます。

そして、そんなネガティブな気持ちは消えて、変わりゆく景色を見ながら走り、清々しい気持ちを感じるでしょう。

ゴールの途中には休憩所もありますから、疲れたら休んでまた漕ぎ始めればいいのです。

今、目標に向かって動くことができない人は、あなたは、自転車にまたがったまま、暗いトンネルの中にいるのだと想像してください。

ペダルを1つ1つ踏み込むことに、計画や戦略を立てる必要はありません。

直感と感覚で、思い切ってペダルを1つ1つ踏み込んでください。



いつか来た道を振り返る時が来るかと思います。

後ろを振り返れば、頑張って自転車を漕いできてよかったと思え、前を向けば、今まで見れなかった美しい景色が目の前に広がっていると思います。

ぜひ、皆さんも夢の実現、目標達成のために直感で行動してみてくださいね!

\夢の実現・目標達成をスピードアップするために/

スポンサーリンク