ストレスの限界!ストレスで体調崩すようになった話

スポンサーリンク

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

暮らしと人生の質を高めるヒントを発信中

結艸庵ゆいそうあん(@yuisoan2020)です。

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

小さなストレスも感じ取っている…ストレスサイン気づいてますか?

若いころは、所謂『関わらない方がいい人』と関わっても、体調を崩すことはなかったのですが、年齢が重なったせいなのか分かりませんが、『関わらない方がいい人』と会社やプライベートで関わるようになってから、体調を崩し、様々な症状が出てくるようになりました。

大したことのない嫌がらせであっても、心ではイラっとする程度しか感じていなかったのですが、突発性難聴を起こしたり、数年後には回転性めまいをおこしたり、不眠になったり、肌荒れを起こしたり…ちょっとしたストレスに身体は反応することになってしまいました。

ちょっとしたストレスでも体調を崩すようになってから、心では大丈夫と感じていても、実は心も身体も大きなストレスとして感じ取っているのだろうと考えるようになりました。

ストレスの限界に達したというサインだろうと思いましたね…。

皆さんは、身体や心から発せられるストレスサインに気が付いていますか?

ストレスは万病の元。ストレスが溜まると起こる病気・症状

長期間ストレスにさらされていますと、身体のあちこちで支障が起こってきます。

ストレスが原因で起こる体の病気
  • 頭痛
  • めまい
  • 喘息
  • アトピー
  • 高血圧
  • 心臓病
  • 胃痛
  • 下痢・便秘
  • 腰痛
  • 更年期障害

参考資料:NHK健康ch,2021-06-11,『ストレスが原因で起こる体と心の不調・症状・病気まとめ』

私自身がパワハラ・モラハラを受けていた時は:

  • 下痢
  • めまい
  • 頭痛
  • 胃痛

上記の症状が頻繁に起こるようになりました。

回転性めまいも起こり、耳を見ていただきましたが異常はなく、自律神経の不調によるものではないかと言われました。

癌や高血圧、脳梗塞などもストレスが原因で引き起こされるようです。

非常に怖い病気なので、ストレスは甘く見ない方がよいです。

必要なのはストレス解消法を通して『意識改革』を!!!

ストレスをためると心身ともに不調が現われるので、定期的にストレス解消法を行っていました。

例えば、週末になれば、ウィンドウショッピングのため外出したり、カフェでお茶したり、お風呂タイムを充実させたりしていました。

\私のストレス解消法/


ストレス解消法を行うときは、自由に自分の好きなことをするにつきますが、ストレス解消法を通して自分をさらに追い詰めたり、新たなストレスをためるのではなく、自分の感情が癒され、意識の改革を行うことが重要です。 

ストレスを溜め込む人、うつ病になりやすい人は、自分を大切にしたり、意識して自分の気持ちを優先させるような行動をとると、相手に迷惑かかってしまうのではと考えがちですが、病気になって、働けなくなり、お金もなくなってもよいなら、ちゃんとそのことに向き合えばよいと思います。

しかし、私の人生において、会社の中の人間との関係は重要ではない(プライベートと仕事の線引きをしっかり引いているので)という理由と、組織の中にいる人と向き合っても、パワハラ・モラハラが改善するわけでもないし、気を遣うことで逆にこちらが病気になるのがバカバカしくなり、パワハラ・モラハラが開始されたら、相手に迷惑がかかってしまうからなどと相手に気を遣うことは辞めました。

買い物だ、マッサージだ、運動だ、ストレス解消法は色々ありますが、意識改革を行うことでストレスを受けない考え方にしていくことも、ストレスを受けて体調を崩さないようにする改善策だと思います。

自分を大事にしない人・組織に対し、優しくしてあげる・あなたの労力を使う必要はありません。

どうぞ自分の命でもある健康を大切にしてください。

仕事より、どんな人間関係より、あなたの心の健康、あなたの体の健康、あなたの命の方が重要です。

どうぞご自身の気持ちを優先にして、ストレスを溜めないようお過ごしください。

\こちらも参考に/

スポンサーリンク