茨城県発のサザコーヒー。将軍珈琲が美味しい!

暮らし
スポンサーリンク

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

暮らしと人生の質を高めるヒントを発信中

結艸庵ゆいそうあん(@yuisoan2020)です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

美味しいコーヒーは、1日を豊かにしてくれるとっておきのアイテム。

”美味しいコーヒー”はいくつあってもいいもの。

本日は、私が選ぶおすすめの”美味しいコーヒー”をご紹介いたします。  

スポンサーリンク

サザコーヒーの将軍珈琲

茨城県を代表するコーヒー

茨城県を代表するコーヒーと言えば、Saza(サザ)コーヒー。

本店は茨城県のひたちなか市で、県庁所在地の水戸市の他、茨城県内に複数店舗を構えています。

サザコーヒー本店(茨城県ひたちなか市)
サザコーヒー東京駅(KITTE丸の内)


現在は、茨城県のみならず東京駅前のKITTE丸の内にも店舗を構えています。

私もKITTE丸の内のSazaコーヒーに足を運んだことがあります。

しばらくSazaコーヒーを飲んでいなかったのですが、お友達からサザコーヒーが送られてきました。

\その名も将軍珈琲/

徳川慶喜公のひ孫が作った珈琲

この珈琲は、徳川慶喜公のひ孫、徳川慶朝氏(2017年逝去)が作った珈琲です。

徳川慶喜も大のコーヒー好きだったそうで、曾孫さんの慶朝さんがサザコーヒーと共に開発をしたのが、この将軍珈琲なのです。

香りもよいし、味はしっかり濃いめ。

ドリップする際に、珈琲の量をやや少なめの薄めで淹れると、さわやかで香ばしい麦のような味わいが広がりました。

将軍珈琲のコーヒー豆自体は、海外産(インドネシア・エチオピア)ですが、茨城県で誕生したコーヒー且つ日本の歴史上の重要人物の徳川家の血筋の方が開発したコーヒーという点に価値が高いなとおもいました。

次回は他のシリーズを試してみたいですし、茨城県は未開拓地なので、いつか観光がてらSAZAコーヒー本店へ訪れたいと思います。

\こちらもぜひ参考にしてみてください/

スポンサーリンク