※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

バレンタイン発祥の地は?チョコを贈るのは古い?

※当ブログは、もしもアフィリエイト、A8.net、バリューコマースのアフィリエイトプログラムに参加しており、記事内にてアフィリエイト広告を利用し商品・サービス紹介をし、アフィリエイト収益を得ております
暮らし
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

2月のビックイベントといえば、バレンタインデー。

バレンタインの日に、手作りチョコレートやネクタイなどを贈ることを楽しみにしている女性や、贈られるのを楽しみにしている男性も多いのではないでしょうか。

日本のバレンタインデーは、女性から男性へプレゼントすることが主流ですが、本来のバレンタインデーはその逆で、男性が女性へ愛の証としてプロポーズしたり、贈り物を送る日となっているのをご存知でしょうか。

海外のバレンタインデーは、男性が女性に愛を誓う日とされ、贈り物も男性から女性に贈られることがメジャーになっています。

女性から男性に贈り物をするのは、知ってるところで言うと、日本と韓国だそうです。

スポンサーリンク

バレンタイン発祥 in 日本:神戸モロゾフ社

日本では、女性⇒男性へチョコレートを贈る文化が定着していますが、いつ誰がこの文化を広めたのでしょうか。

それは、兵庫県にありました。

モロゾフ社は兵庫県の神戸市で1931年(昭和6年)8月からチョコレート屋さんを営んでおり、創業約1年で日本で初めて”バレンタインデーにチョコレートを贈る”というスタイルを発表したことがきっかけで、バレンタインデーにチョコを贈る習慣が日本で広まりました。

当時の創業者はなぜバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣を発案したかというと、創業者の友人である米国人の友人が、”欧米では2月14日に愛する人に贈り物をする”という習慣があることを聞き、日本にもこの美しい贈り物の文化を広めたいとのことで始めたのがきっかけだそうです。(※1)

また、当時はチョコレートは非常にめずらしく、”ドレスや宝石箱といった贅沢品と同じように心ときめくあこがれの存在”だったようです(※2)

そんなチョコレートを愛する人へ贈ることで、あなたは特別ですという”愛”を証明していたのですね。

参考資料※1,2:モロゾフ株式会社、「日本のバレンタインデーはモロゾフからはじまりました」

おしゃれなバレンタインチョコを探す

日本酒好きな男性に喜ばれる!

\自分用に贈りたい!可愛い缶チョコ/ 

考えてみた!バレンタインにチョコ以外の物を贈ろう

今でもチョコレートは老若男女問わず大人気のスイーツですが、時代はもう21世紀。

チョコレートを贈る以外の新しい文化が発祥してもいいのではないかと思い、チョコレート以外で”愛”が伝わる贈り物を考えてみました。

バレンタイン。チョコを贈るのはもう古い?!
(女性⇔男性、同棲同士どちらにでも贈れる)

  • 時間のプレゼント
    いつも自由な時間を取れないあなたの大切な人のために、お皿洗いや、お風呂掃除、料理を〇ヶ月間やりますという宣言や、日曜日は終日自由に過ごしてねと伝えてみるのはいかがでしょうか
  • 防災グッツ
    大切な人だから守りたいですよね!家電も使える大容量モバイルバッテリーとかいかがでしょうか
  • エール 
    試験勉強、就活中、失恋中の友達に。大事な友だからこそ、あえてバレンタインデーにエールを送る
  • 送迎
    送迎があるだけで大分楽になりますよね。朝の送迎があるだけで、働いている方は、ゆっくり食事ができたり、睡眠時間を少し長くできたりますよね!
  • Apple ituneやAmazonギフトカード 
    好きな動画や音楽をダウンロードできるギフトカード。ギフトカードを贈って、彼・彼女にとって幸せな”ひととき”をプレゼントしてみてはいかがでしょうか

送り主は、女性・男性など関係なく、いつもと違ったバレンタインデーの贈り物を贈ってみませんか?

スポンサーリンク